漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の夜長と秋晴れの一日に

日が陰るのが早くなり、秋の夜長、となると勉強するには最適の空気が流れ出す。寒くもなく暑くもなく、これから夜はドンドン長くなるのだから、研究に集中する力も徐々にエンジン全開へと向かう。こんな風に勉強に集中しやすい気候と環境になることを考えると、新学期の9月開始も悪くないんじゃないか、とも思う。ただ、部活中心の生活、しかも野球部だと新学期に入ってすぐにシーズンオフ、というのはいただけないな~、と考えるとやっぱり気持ちよく「賛成!」というわけにはいかない。

しばらく大きな仕事もないので、図書館に通って文化相対主義に対する当時の日本の文化人類学会の反応、また、民族、人種についての議論を改めてざっと見直そう、と本の予約(これがネットでできちゃうのは今のような生活スタイルでは何と素晴らしいことか!)などをして、「よし、出かけるか」と言いかけたところで、まとまった仕事が、それも複数同時に入った。ヨッフィ!(ヘブライ語のExcellent!)

このブログで何度も書いてきたことだが、フリーの身分で仕事を依頼されることほど嬉しいことはない。いろいろな選択肢や検討事項を含めた上で「じゃあ、この人にお願いしてみましょう」という何かしらの決断があった上で連絡をいただくわけだから、「ご依頼ありがとうございます、是非お願いします!」と我が家は即引き受ける。我が家に仕事を選ぶという考え方はない。

複数同時に仕事、しかもどれも急ぎの内容が重なったので、優先順位、担当分担、締め切りまでの段取り、などなど家庭内作業とはいえ確認することが多いので、早速船長とミーティング。ミーティングを2分で終了させて、早速作業へ。

夜長にいたるまでの昼間の秋晴れもまた最近は気持ちがいい。気持ちのいい日差しを感じながら、来週半ばくらいまでは再び通訳・翻訳家になる。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/95-4273de34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。