漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日二本見れる!イスラエル映画

昨日映画に触れたところで、イスラエル人制作の映画について本日見れるものを二本紹介。一本は東京国際映画祭に出品されている「迷子の警察音楽隊」(この映画はフランスと共同。今日14時からTOHOシネマズin六本木ヒルズ、25日19時からはシアターコクーンで)、もう一つはNHK-BS2で22時より放映予定の「甘い泥」、いずれも今日見ることができる。「甘い泥」の公式サイトはこちら

「迷子の警察音楽隊」は東京国際映画祭の公式ページで予告編が見られるので、こちらでイメージがつかめる
監督は34歳と私と同じ世代なのだが、この世代の映画界はかなり元気で将来性も高い。7月に一緒に仕事をしたトメル・ヘイマン監督も同じ世代だ。イスラエルにおける日常も非日常も入り混じった何ともいえない日常の感覚が、私にはたまらなくいい。

「迷子の警察音楽隊」はカンヌ映画祭で複数受賞、アカデミー賞にもエントリーした注目の映画!

映画を見る前に知っておくとさらに面白くなる!ために今回プレス向けに投稿した私の解説を紹介、関心のある方はどうぞ!

----------------
イスラエルとエジプト
1979年3月、エジプトとイスラエルは平和条約を結んだ。この平和条約は、1948年のイスラエル建国から4度繰り返した戦争状態にピリオドを打ち、エジプトがアラブの国として初めてイスラエルの存在を認めたことを意味する。政治的には大きな意味を持つが、両国の関係は時に"冷たい平和"と表されるように、殴りあうことはしないが隣に座っても向き合って談笑する程でもない、という関係に止まっている。

しかし、ディナが「小さい頃、テレビでやっていたのよ...あんな悲恋に恋してた...エジプト映画の燃える恋」と言うように、70年代から80年代にかけてイスラエルではエジプト映画が娯楽の一つであったし、アラブ音楽はイスラエルで一つのジャンルを確立してきた。また、ディナも口ずさむ"愛しい人"を意味する「ハビビ」というアラビア語は、若干のニュアンスを変えながらも、イスラエル人が親しい友人に発するヘブライ語の日常語として定着している。アラビア語やアラブ文化はイスラエルで決して冷たいものではなく、日常の一部に入り込んでいる。それは、アラブ諸国に囲まれていることの他に、アラブ諸国からイスラエルへ移住したアラブ諸国出身ユダヤ人の足跡に関係している。

イスラエルのアラブ文化の歴史
イスラエル国籍を持つイスラエル人の80%以上はユダヤ人で、その多くは国外に出自を持つ。ユダヤ人と言えばスピルバーグやアンネ・フランクが思い出されるが、イスラエルのユダヤ人には、意外にもエジプトやイラクといったアラブ諸国出身のユダヤ人が多いことに驚く。

イスラエル建国当時の中心はヨーロッパ出身のユダヤ人で、目指す方向性もヨーロッパのような近代的な国だった。しかし、建国直後に大量に押し寄せたのは、アジアやアフリカのアラブ諸国出身のユダヤ人で、アラビア語の訛りやイスラム社会に見られる文化を持ち込んできた。ヨーロッパ出身のユダヤ人にとってアラビア語やアラブ文化は非近代的で、イスラエルでは修正するべきものとして受け入れられた。それにより、アラブ諸国出身ユダヤ人は、同じユダヤ人でありながらイスラエルで自らの文化を否定、差別された苦い経験がある。70年代に入るとそれに反発したアラブ諸国出身ユダヤ人が自らの文化を守ろう、と声を上げるようになり、次第にアラブ文化はイスラエル社会に広がっていった。
このように、イスラエルのアラブ文化は、アラブ諸国出身ユダヤ人が声をあげ、イスラエル社会が反省と共にそれを受け入れることで次第に日常生活に浸透していった。それはエジプトと平和条約が結ばれる1979年以前のことで、エジプト映画が娯楽の一つになる下地はすでにイスラエル社会の内部にできていたと言える。

1990年代初期の希望の時代
エジプトとの平和条約以降、周辺地域との大きな政治的転換は起こらなかったが、イスラエル社会のアラブ文化はさらに日常生活に入り込んだ。特にアラブ音楽の楽器や音階に影響を受けたオリエント音楽というジャンルは、1990年代に入るとイスラエル音楽のメインストリームの地位を築き、ヨーロッパで開催される歌の祭典ユーロビジョンにイスラエル代表として出場するまでになった。

1990年代は政治的にもその地域の空気を変える出来事が次々と起こった時代でもあった。93年には当時のラビン首相とパレスチナを代表するアラファト議長が握手をし、翌94年には東側の国境を接したかつての仇敵ヨルダンと平和条約が締結された。"もしかしたら和平は実現できるものかもしれない"、というムードが人々の間で漂い、かつては差別の対象だったアラブ文化が、"センター"で披露されることが起こりうる時代であった。1990年代初めという映画の舞台は、監督にとってもいい時代だったに違いない。

そのアラブ文化センターの落成式に招かれたエジプトの警察音楽隊は、"希望を開く"を意味するペタハ・ティクバではなく、南部のいなか町ベイト・ティクバ"希望の家"に迷い込んでしまう、そこからこの映画は始まる。

マメ知識
楽団員を演じる俳優、イスラエルの中のアラブ人

エジプトの管弦楽団を演じているのは、イスラエル全体で約15%を占めるアラブ系イスラエル人と呼ばれる俳優達である。権利も義務もユダヤ人と同じイスラエル人でありながら、イスラエル国内においては二級市民的にアラブの人と呼ばれ、アラブ諸国に行けばその所有するパスポートからイスラエル人と呼ばれ、どこに行っても居場所が得られないと本人達も口にする。アラブ系イスラエル人の男性は、家庭でアラビア語、仕事場でヘブライ語を使い分けるバイリンガルがほとんどで、劇中の俳優達も日常生活ではアラビア語とヘブライ語の二語を操る。

以上
スポンサーサイト
COMMENT
私が大学に入る頃に観た映画に『グローイングアップ』というのがありました。確かイスラエル映画だったと思います。当時はアメリカ映画だと思い込んでいましたが、風景というか雰囲気が違う。茶色(砂色?)の感じと言えば良いでしょうか?
思春期の仲良し(悪友)3人組が出てくる話で、頭の中は女の子のことでパンパンという他愛のないストーリー。でも、後になって、あれがイスラエル人の青春かと思うと貴重な映画を観たような気になりました。世界的にヒットしたので後日アメリカ版焼き直し映画が出ましたが、これは全然ダメだった。そのときアメリカンテイストっていうのは情緒がないという意味なんだなと理解しました。
「甘い泥」見ました。知らない人が見たらキブツが「ローズマリーの赤ちゃん」の世界のように見えるんではないのかと思われるような描き方でしたね。イスラエル映画って母親が精神的に病んでいる設定が多い気がします。「アビヤの夏」とか「Broken wings」とか。実際そうなのかな。だんだんホロコーストの影響を描かなくなってきてますね。社会問題が大きくなっているってことでしょうね。「迷子の警察音楽隊」観たいなぁ。来ないかなぁ。「シリアの花嫁」は好きです。
「グローイングアップ」、私は恥ずかしながら3年ほど前に知りましたその存在。確か、DVDで復活!のような記事を目にして、そういう映画があったことを知りました。

イスラエルの映画がホロコーストなんかを描かないのは、一つには世代の問題が多いと思います。最近の監督は若くて、とにかくイスラエルにある日常そのものを描く、ということにエネルギーを費やしているように見えるのですが、そのためかイスラエル国内でも評価は高く随分見られていますね。

アモス・ギタイは国外では有名だけどイスラエル国内ではちょっと、、、でしたが、最近のイスラエル映画はその点で新しく、私も好きです。「迷子の警察音楽隊」はこれまで「イスラエル映画」と聞いて「イスラエル」で抵抗があった方に是非見てもらいたい映画ですね。
コメントをありがとうございました
こんばんは。おじゃまします。
イスラエルの知識がほとんどない私にはとても勉強になるブログですね。
『迷子の警察音楽隊』の背景がものすごくわかりやすかったです!
『迷子の警察音楽隊』は素敵な映画でした。
特にディナがエジプト映画について語るシーンはとても印象的でした。
こんなふうに文化による人と人との心の繋がりが観られて嬉しかったです。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/85-7d82d4c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。