漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究は楽しい!

昨日の『プロフェッショナル:仕事の流儀』(NHK)に出演した生物学者長沼毅氏が何度も「研究は楽しい!」を口にしていたが、そうなのだ、研究は楽しい!初心をくすぐられたようで非常にいい気分になった。

ただ、自分だけではなく周囲の人たちも「楽しい!」または「楽しそうだね」と思えなければ、「楽しい!」と仕事は結びつかないわけで、そのために研究者は口頭発表や論文発表で格闘する。その格闘の段階も仕事になればいいが、少なくとも文系の場合は格闘する資金がないことが多い。

そんな限られた経済状況でどうすれば仕事に近づけるか?が日々の課題で、我が家では家族でいろいろ工夫する。

私のヘア↓。今年の夏は暑かったからなのか、成長が著しく、こんな状況になってしまった。
髪の毛長い


我が家では髪の毛を切るのは船長、ということになっている。が、船長を知る人は結構驚く。船長は相当のおっちょこちょいでうっかり者。まだ生後数ヶ月の娘をひざの上におき、ということを忘れて立ち上がってゴロンと娘が頭から落下、とこの手の話はまぁ枚挙に暇がない。

しかし、「髪の毛を家で切れればどれだけ楽か、自分のしたいような形にもなるし」と本を借りてきて勉強し、最初は娘の髪の毛で随分と訓練して、そのうち私のヘアにも鋏が入るようになった。最初は耳に鋏が触れたりするたびにドキドキ(ビクビク)していたが、今では眠るほどになった。で、今日の完成品がこちら:

髪の毛カット後

よし決まった!スキッとした髪型、さすが船長!

今や10分1000円の床屋もあるので経済的には?と思われる方もいるかもしれないが、髪の毛を切りながら夫婦で楽しい話をして、自分の望むスタイルが確実に仕上がる、ことを考えると自宅で切ってもらうことに勝ることはない。

「楽しい!」を仕事に結び付けるまでにはまだまだ時間がかかる。ただ、その過程を辛いと思わず「楽しい!」と思えるのは、一人ではなく家族揃って歩んでいるから。「楽しい!」を共感できる家族がいれば、どんな道のりでも歩むことができる、そんな心強さはむしろ家族と共に研究者を目指すことでしか味わえない醍醐味、と感謝して「楽しい!」が仕事になるようみんなで進んでいこう!
スポンサーサイト
COMMENT
ども!
楽しいってことは大事、賛成です。
楽しそうな家族で、ほんとうにいいね!!!
すてきだね!
自分にとってだいじにすべきことが何かをちゃんと分かっている、っていうのは、すごく貴重なことだと思います。
コメントありがとう!

愛すべき家族がいて、その中でワイワイと応援されながら"すべきこと"ができることは本当に幸せ!
何事も楽しんでいられるような家族へ、みんなで成長していきたいと思います。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/58-d23a9e8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。