漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝「僕の心の奥の文法」!早速見ました!

昨日、東京国際映画祭でイスラエルがグランプリ受賞というニュースを聞き、早速テルアビブの映画館に見に行った。

ニル・ベルグマン監督の「僕の心の奥の文法」(Intimate Grammerヘブライ語も英語と同義で「ディクドゥーク・プニミ」)。個人的には、映画を見た後の感じも含めると、「心の奥の言葉」ともうちょっと踏み込んでいってしまってもいいような気がする。

2002年、ちょうどイスラエルの大学の日本語授業を受け持っていた頃、同じ監督が「ブロークン・ウィング」という映画で、同じ映画祭の同じ賞を受賞したという日本語の記事を、学生達と一緒に読んだことをよく覚えているけど、その時、数字の万の桁に悪戦苦闘する学生が、賞金はドル換算で一体いくらなのかを議論していたことがあったっけ。そう、ベルグマン監督は東京国際でV2!しかも主演女優まで同じ!
僕にとっては東京国際映画祭といえば「迷子の警察音楽隊」!何とも懐かしいです!

この映画は、デビッド・グロスマンというイスラエルを代表する作家が1991年に書いた同名の小説を映画化したということもあって注目度が高く、今回の受賞前から新聞でもラジオでもよく宣伝していたし、とても気になっていたので、いい機会だなと思って夜7時45分からの上映に向かった。

夜だから空いているかな、と思ったらドンドンと人が集まり、小さいながら劇場は一杯になった、やっぱり注目の映画のようだ。

とにかく、主人公の少年が素晴らしい!それに、一つ一つの場面や台詞がとても丁寧で、静かに流れるストーリーに引き込まれながら、同時に、何か胸の中のものがキュルキュルと音を立てているなと思ったらあっという間に終わってしまった。

もう一度見たいなというのが第一の感想。そして、キュルキュルと音を立てていたものがしばらく胸の中で続いていて、もう少し胸に耳をすませば、自分の思春期のこととか、大人になるということとか、そういう僕にとっての「心の奥の文法」を随分と刺激して、いろいろな心の中の反応が起こっていた。

大物作家の書いた小説が原作となっていることもあると思うけど、かなり質の高いヘブライ語の台詞が多かったのと、少年の台詞が時にものすごく早いので、正直、ネイティブでないと「??」と真空になってしまう場面がいくつかあった。でも、映画そのものの芸術度というか、監督の心意気みたいなものはしっかり伝わってきて、とてもいい映画だな、と素直に感じられた。

同じく今年の東京国際映画祭で上映されたらしいイスラエル映画の「パリから5時間」は、昨年イスラエル各地で上映されていて、僕も観たけれども、テレビドラマみたいで、特別何かが残るということは何もなかった、ことを思い出すと、「いい映画だな」と感じられた「僕の心ー」は人にもオススメしたい一作です!
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/228-543183ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。