漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックフェア開催

北部ののどかなキブツ、南部の砂漠に囲まれた町、そして足どり軽いテルアビブ。イスラエルで過ごす生活空間としては三箇所目で、どこもほとんど全くと言っていいほど別の顔を持っているのだけど、共通していいなと思うのはこの半年あまり晴れの日が続く乾季。スコーンと抜けたような青空に深い青色をした地中海、もうそれだけで充分!

歩く人達の服装が最近一気に軽くなり、Tシャツに短パン、ワンピース、足はもちろんサンダル、と夏の到来を目で実感。そんな上昇ムードの中で、ヘブライ語ブックフェアという本のお祭が始まった。テルアビブでは市役所前の大広場に出版社がブースを出してジャンジャカ売り出すのだが、昨年は物件巡りのために乗った不動産屋の車から眺めていたことを思い出す。あの頃は実際以上に遠くに見えたお祭ムードの空間も、今では通勤路となって軽く覗いてみる。と、すぐ近くのカフェの店員が「アイスカフェの試食だよ」と小さな紙コップを配っているので一つもらう。立ち止まって周りを見るとかなりの人が集まってきている。オレンジがかった空を背景に、屋外に並べられた本を手にとるのはとても気持ちがよさそうだ、全部読めそうな気もしてくる。

そんなブックフェアの開催を記念して、ハアレツという結構インテリの人達が読むとされている三大紙の一つの新聞では、記者に代わって売れっ子イスラエル人作家が政治も社会もそして天気予報までを書くという粋な演出がされた。特定のページだけではなくて、フロントページから何から何まで。天気予報を作家がどうやって書くんだ?とめくると、詩人が「夏」という詩を書いている、や~粋だ。

我らがエトガー・ケレット(参照:村上春樹!)が一日編集長ということで国防相に直撃インタビュー、というのが一面を飾っている。 読んでみる

大物デヴィット・グロスマンも麻薬常習少年の厚生施設を訪問した時の様子を、これまた読ませる。読んでみる


いずれも目の前の人物やその口から発せられる言葉に可能な限り接近しようとする力なのだろうか、新聞の役割である情報よりも、その情報を伝える文体が織り成す物語性にグイグイひかれる。

その勢いで、連続更新!
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/215-b2afbed6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。