漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球で燃える"いま"

大抵のことは何とでもやり直しがきく、だけど絶対に戻れない時は必ずあって、それが手の届かない遠い過去じゃなくふと腹の奥から燃え上がるような今の力になる経験はきっと誰にでもある。私にとってそれは高校野球であって、今でも夏の予選を見ると負ける悔しさ、そして終わってしまうことの安心感と喪失感が入り混じったような何ともいえないスコーッンとした感情が全身を覆う。

この同じチームでプレーをすることはもう二度とない、終わってしまう、という選手の気持ちに一気に近づいてしまうし、さらに、人生を少しばかり経験することで、選手以上に「終わってしまう」ことの重みが冷静に理解できてしまい、試合終了と同時に泣きじゃくる選手を見ると今でもグッとくる。

娘を連れて見に行った埼玉予選準決勝第二試合。延長サヨナラの試合を目にして、私にはまた、あの両手を万歳にしたサヨナラのランナーがホームに向かってきた場面が色濃く蘇ってきてしまった。そして、終わってしまった高校野球が、またメラメラといまの闘争心へと火をつける。

博士号取得はこれから始まる人生の第一歩。終わってしまった戻れない時を経験できたことよりも、これからまだ燃えることのできるスタート地点にいることの幸せを確かめながら、一歩一歩、足並みそろえてやるしかない!
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/21-e5356a7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。