漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テルアビブでレンタルDVDデビュー!

かなり期待が大きかっただけに、イスラエル映画がアカデミー賞の外国語映画部門の受賞を逃した、というニュースは「失望」という表現を第一に、「日本の前に破れる」などの惜敗ムード一杯の記事が翌日の新聞を覆った。それにあわせて、というわけではないだろうが、「戦場でワルツを」のDVDが販売となって、これからは劇場からお茶の間へと鑑賞空間は移動していく。が、あの映画はやっぱり劇場で見たい。日本の皆様、是非。

さて、最近近所のレンタルDVD屋で借りる楽しみを味わっている。テルアビブの中でも、映画館併設で、ジャズCDの品揃えもいいと評判の「The third eye」、我が家では「第三の耳」。なんか、ツーな感じがする、第三というところが。

「イラン映画」コーナーは当然のことながら、「パラダイス・ナウ」などの「パレスチナ映画」コーナーもしっかりあるではないか、と一人ちょっと胸高まる。イスラエル映画もかなりの品揃え。フランス映画になると何段もの棚を占めている、とにかくすごい。ちなみに邦画もあるが、聞いたことないような作品から、宮崎駿シリーズ、北野武と抑えるべきところはしっかり抑えられている。時に、「お、Always三丁目なんてのもあるのか」とパッケージを抜くと、タイ語で解説が書いてあったり、旅行ついでにスタッフが品揃えを増やそうとしている地道な努力のあとを感じたりもする。

まずは必要に迫られてイスラエル映画を数本借りることに。何度か見た「シリアの花嫁」と、同じ監督の最新作品で「レモンツリー」など。監督ごとに並んでいるので選びやすい。分からなければスタッフに聞けばすぐに「あれは、この辺だったな」とすばやく出してくれる、かなり便利だ。

レンタルビデオのレジってどこも似たような雰囲気だな~、と4台くらいレジがあって、後方のLCDで映画が流れていて、返却されたDVDを整理するスタッフが机の端っこにいて、いかにもバイトのスタッフが入会案内がおいてあるレジで借りる人を待っている。

まず、イスラエルでDVDを借りるのは初めてなのでいくらくらいなんだろうか、と聞くと。一枚25シケル(750円)!映画館が普通に見ると35シケルだけど、我が家回数券を買っているので一回あたり23シケル。映画館より高いではないか!

と、そのまま払ってはここで生きてはいけない。映画も、コンサートも、劇場も、バスだって何だって、回数券とか、メンバー特典の値段は通常価格よりグーンと安い。その方法を早速聞く。「マヌーイある?」と聞くことは、「どんなお得な値段やオマケがあるんだろう?」という期待もワクワクさせてくれて私は結構好きだ。「回数券があって、三枚だと○○で、10枚だと、、、」と説明書を見ながら数字をどんどん羅列させて紹介される、最大は100枚まで。見たところ、50枚回数券というのを買うと、15枚分がサービスでついてきて、一枚辺り16シケルだからかなりお得。さらに、3泊のところ4泊まで借りらられる、というのが最も割引率としてはいいので、それにする。回数券も、枚数と借りる日数の両方を選ばなければならないのだが、一泊というのは慌しいし、一週間は長すぎるて返すの忘れそうだ、3泊というのが、見るぞ!と思って借りながらも急に見れなくなる事態にも対応できるしちょうどいい。

回数券でお値段お得!とは言っても、レンタルDVD50枚+15枚で約800シケル、2万円を越えるのだから決して安くはない。
のに、お店には結構な人が入っているから驚く。

映画鑑賞の感想は、いいです、いいです。現在ちょっと原稿を書いているのでそれが完成したら鑑賞感などを書くとして、テルアビブでのレンタルDVD生活デビュー!を記念して。
スポンサーサイト
COMMENT
お久しぶりです
博士

お久しぶりです。
ダヴィンチコードの取材でお世話になった
朝比奈です。
ひさびさに博士のブログをみたら
イスラエルに引越していてびっくりしました。
ご家族、お元気で何よりです。
こちらは相変わらず。
あのメンバーでまた雑誌を作っていますよ。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/206-cc288419
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。