漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三度目の正直

期間は2月16日まで、ということで来年度の幼稚園入園登録に出かける。イスラエルは幼稚園年長から義務教育開始なので、娘はすっかり慣れた乳幼児園(生まれたばかりの子から、4または5歳までの園で勝手な命名)から年長一年のためだけにまた新しい幼稚園に移動しなければならない。その後また小学校入学が待っているのだが、2,3年の限られた滞在の私達にとって、その間娘が通う場所を2度も変える、つまりは3回も初めての空間に足を運ぶのはあまりにも、と思っていたところで、年長と小学校が一緒になった幼学校とでも言える場所を見つけた。これは私達には願ってもない選択肢であり、満員になる前に、と早めに向かった(事前見学の時の様子は船長ブログに)。

新学期は9月でも、今が登録期間。行ったのに閉まっているということも結構あるので、行く前に「今日は13時までいるよね?」と電話でしっかり確認。この辺りの確認はこの地での生活では欠かせない。日曜日から木曜日、朝9時から昼13時まで、と事前見学の時に説明を受けているものの、いや、その通りきちんと進むとは限らない。

小学校も併設していて、登録に向かった時間がちょうど休み時間だったこともあり、小学生が楽しそうに廊下で遊びまわっているど真ん中を突き抜けて事務所に。「チャイナ」「ニーハオ」と子ども達に声をかけられることは、この地での生活で随分慣れた。

「幼稚園の登録に来たんだけど」と事務所入り口の女性に声をかける。別の女性と「週末に遊びに行くならさ~」と会話が盛り上がっている最中なので、「あっち」とほとんど顔も見ずにあごだけが「あっち」を指している。しかし、あっちには二つの部屋があってどっちがあっちなのかよく分からず、「え?こっち?」と私が指で示すと「そうだよ」とカッと見開いた目と共に返事をしてくれる。

こっちの部屋に入ると、バイトらしい女性が大量の用紙らしき紙を整理していて、その隣にもう一人の事務員が画面の前に座っている。お、登録らしき場所だな、と思って「幼稚園の登録に来たんだけど」と言うとその画面の前の女性「え、登録?」と意外な顔をした直後「ショシ!ショシ!」と大きな声で呼びながら、「私もう息子達を迎えに行かなければいけないから登録やってくれる?」とさっきの入り口の女性に向かって代理を頼んでいる。その時12時45分である。その部屋を出て、事務所入り口に座っているあっちの女性の前に行くと、「ほら座って」と促される、とその後ろを息子を迎えに登録の女性は帰っていった。もしも今頃到着していたら15分前なのに「もう今日はおしまいだよ」と冷たくあしらわれるだとうな、と思うとラッキーな気持ちになった。

「はい、用紙は?」と女性に言われて、初めてそういえば登録に何もいらないのだろうか、と思いながら自宅を出たことを思い出した。「あんた、市民税払ってる?だったらその領収書持ってきて、あとアパートの契約書のコピーね、そう書いてあったでしょ?」「いや~、何も届いてないけど」「あんた市民税は払ってるんでしょ?ところでどこ住んでんの、テルアビブ?」「うん、ベン通りだけど」「じゃあ大丈夫ね」(通学圏内というものがあるので)。「明日、来週もあたしここにいるから市民税の領収書とアパートの契約書のコピー、あ、それから身分証明書持ってきな」ということであえなく再挑戦ということになった。ラッキーな気分は一気に消えた。

5日後。まっすぐ事務所入り口の女性のところに向かう。登録の部屋は空いているのだが、一度会った事務所入り口の女性とは顔なじみ、自分から進んで迷わず目の前の椅子に座った。私は「はい、市民税の領収書、契約書のコピー、それから、身分証明書」と自信満々に必要書類を差し出した。「はいはい、幼稚園ね。えっと、まずは名前、はい身分証明書は?」「これです」と私は自分の身分証明書を出した。「これじゃないわよ、子どものよ」「え?」「身分証明書ないと名前分からないじゃないの、番号だって」「でもこの私が登録に、市民税だって、とりあえず私のを」「あんたの身分証明書もらってもしょうがないでしょ。あんた、自分が幼稚園に入るつもりなの?」「まさか」「でしょ、それならあんたの身分証明書なんかいらないのよ、ほらどこ?」「いや、今日持ってきてないんだけど」「身分証明書なければ話にならないわよ。あんた、自分が幼稚園で勉強するとでも思っているの?身分証明書なければ駄目よ、また来な」

何とも恥ずかしい「書類不備」で再び何の収穫もないままに学校を後にした。ちなみに、身分証明書は16歳以上から持参が義務づけられているので幼稚園なら身分証明書はないはず。が我が家の場合は「パスポートあるでしょ、パスポート」。本日締め切り前の最後のチャンス!ということで三度目の正直、登録へいざ出陣!
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/200-ca63ca3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。