漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90%から40%へ

ガザ境界付近からの中継と、同じ顔ぶれのテレビ解説員、とまらぬロケットの数と増え続ける死者の数、毎日はそんな風にずっと続くのではないかとさえ錯覚していたので、停戦で空気が一気に日常生活に戻り、ハッと夢から覚めたようでもある。

停戦発表直後のチャンネル10では早速独自の世論調査を発表。2月10日の選挙にはなんら大きな影響を与えず、相変わらずネタニヤフがリード。次に「今回の紛争は成功だったか?」の問いに対しては、YesとNoがそれぞれ41%。先週はYESが80%くらいを維持していたのだから劇的に変わっている。続いて、Noと答えた中では、1)ハマスがまだ軍事能力を十分残しているから、2)誘拐されている兵士はそのままだから、3)ガザの市民の犠牲者が多すぎるから、が三大理由。

戦争が終われば「そもそもなんで攻撃開始に至ったのか?」といった「そもそも論」も含め、一気に批判や議論が出るとは思っていたが、何とも分かりやすい数値だ。昨日電話してきた友人(男性)は、「今イスラエル人だ、というのは恥ずかしいぞ」とも。自己存在を否定していたわけではないけど、国際社会の空気を読めばそれが現実だ、というのは十分納得できる一言。

ラジオでは、戦争時にはみんな注意して運転するので事故が少ない、注意力が散漫になる今後は要注意とも。確かに戦時中のほうが何となく引き締まった空気はあったし、停戦となり何となく緩んだ空気が舞い込んでいる気がする。「戦後」はこんなところにもあるのか。

国際社会のニュースからは徐々にフェイドアウトなのだろうが、これからが批判と議論の始まりなのであり、その理解をなくしては今回の紛争が何であったのかも分からなければ、紛争勃発を回避することもできないかもしれないし、運転同様気を引き締めないと。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/199-a69a9ef6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。