漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞を入手するタイミングを逸し、30日の一面紹介はできないので、手短に。

先ほどこのアパートのメンテナンスをしているボアズから、今すぐ近くにいるから家に行くけどいいか?と電話が入る。冬になり、暖房が必要になってつけてみると暖かい空気が出なかったり、雨が降るようになって初めて発見できた雨漏りがあったり、洗濯物が乾かないので乾燥機を使おうと思ったら排気口が接続されてなくて壁にはドカンと穴があいてあるのを発見したり、まあ「いわゆる冬の問題」が諸々あるので頼むよ、と先日電話してたのだが、まずは自分の目で見てみたいというので急遽朝8時半ころやってきた。

暖房はリモコンの操作を変えたら暖かな空気が出たので解決、雨漏りは原因を発見、乾燥機の排気口と壁をパイプでつなげることはできなかったものの、とりあえずそのままだけど雨は入らないので大丈夫だろうという判断、と一応諸問題は解決?した。

帰りがけ、「それにしてもさ、オルメルトは二年半で二回の戦争だぞ。(軍人出身の)ラビンもバラクでもなくて、(弁護士出身の)オルメルトが二回だぞ。しかも事態は見ての通り」ともらした。

昨日のテレビを見ていても、政治家は一体どうしたいと言うのか、何が目的なのか、即刻ひいたほうがいいんじゃないのか、という質問に対して、軍関係者が予定通り展開している、進展していると対応するなど、そもそもこの作戦が正しいのか?というムードが漂いつつある。南部の静けさをもたらすのだ、といっても、ロケットは飛び続けているし、距離も伸びている。

一方テレビのニュースとしては、ロケット被害の映像が多く、直接被害に会った人の話、警戒地域内でも「自営業だから休むわけには行かない」と平静を装う人、「ここでは警報がなくて楽しい」と言うテルアビブなどに疎開してきた子どもの話、シェルターや安全室がディスコや倉庫になっていて使い物にならないといった内容が多い。ガザにはメディアが入っていないということもあって、ニュースの「素材」がないのだろう。時に病院やパレスチナ人記者のレポートが入る程度では、ガザの様子はよく分からない。

今頃(31日10時)閣議で今後の展開を議論しているんだろうけど、昨日の新聞でも戦争は終わりを見極めないとひどいことになる調の内容がハアレツなどには多く、大臣の中にも「地上に入ってどうするんだ」と明言している人もいるし、目的があいまいなことが明らかで、第二次レバノン戦争の反省をふまえてどんな結論を導くのかを注意したい。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/194-da5c9411
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。