漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世代交代

祖父が亡くなった。92年のキブツ滞在中には母方祖父が亡くなっており、偶然にも祖父の最期はいずれもイスラエルで迎えた。その亡くなったという実感をはっきりと感じておきたいような、でも一方では、遠くにいてもいつかは会える「おじいちゃん」というこれまで通りの存在を維持しておきたいような、と考えると、葬儀に出席していない私には実際それができるのではないかという錯覚を覚えたり、亡くなったことに対する感情が定まらないまま日々が過ぎている。

今年の2月のまだ雪の最中、寝たきりになった祖父のお見舞いへの道中。イスラエル行きが決まっていたこともあって、これが最期になるんだな、というはっきりした自覚があり、どんな気持ちで病床に向かえばいいのか、と考えると複雑な気持ちのまま車を走らせた。

ところが、実際に目の前に現れた祖父は、私の30年ほどの記憶の中で最も若々しく、最も艶やかな肌をして、キラキラした目で私たちを迎えてくれた。それまでの重い気持ちがさっと消えて、とても明るい気持ちになった。寝たきりの祖父を目の前にして明るくなったというのも不適切な気がするが、本当に正直な気持ちとして明るくなった。

それまで一度も握れなかった手の指を、一本一本さすりながら、少しずつエネルギーを蓄えていくような気持ちになり、帰りの道中はとてもすがすがしい気持ちで運転したことが今でも強く印象に残っている。

フトした瞬間に亡くなったことの実感がグワっと沸くのだが、ニコニコしたおじいちゃんとの思い出だけが今までどおり静かに流れていく時間の方がまだまだ多い。

私にとっては、小学校入学式の前日に自宅から学校までの往復3キロほどの道中を父と祖父と三人で歩き、自分の名前の書かれた机を一緒に探したことが祖父との最も大きな思い出であり、30年が経とうとする今でもそれは最も鮮明な人生の思い出の一つとしてしっかり残っている。

身内の死というのは遠くにいると、葬儀で得られる共通の感情がないこともあって、なかなか実感が沸かず、ならばおじいちゃんとの思い出を一つずつ味わいながら天国へ行く道のりを祈りたいと思う。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/180-4e0e4a34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。