漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足への空気入れ

私も船長も体育会系である。いや、「体育会系であった」とちゃんと現実に即した自己認識が必要であることを私も船長も最近実感している。

走り出してから、すねの辺りとひざの辺りがどうも痛い。筋肉痛ではなく、また、捻挫のようなものでもないのだが、どうもそこらへんの筋なのか何なのか、体内を縦に走っている線が「ガチガチギシギシ」と何か硬いものに絡まったような不愉快な、明らかに初めての感覚。これまでの運動不足の代償だな、とついついうつむき加減に歩いてしまう。地中海を見て走るということにはしゃぎすぎたんだ。

そんな最中、船長が「足には三本の筋肉があって、ここをこうやると真ん中の筋肉、そして内側にして、そのあとに外側にして伸ばすと、三本の筋肉が全て伸びるんだって」と実践しながら教えてくれる。その瞬間、それだ、まさにその筋肉を伸ばす感じを足は欲しているのだ、と私よりも足が大いに興奮した。

それでさっそくやってみた。「ガシガシギシギシ」していたひざの裏やすねのあたりが、伸ばしながら「ムニュムニュホカホカ」してきた。キューっと詰まっていたホースを伸ばしながら、その広がった空間に血液がぐんぐん流れるような、足が息を吹き返したような、私までもが嬉しくなるような、これまたはじめての気持ちよさが足から全身に広がった。

これだ、このストレッチが不足していたんだ。長年使わずに詰まっていた血管、筋肉、筋に息を吹き込むように広げるストレッチ、これを足は欲していたんだ。

しばらくギシギシと呼吸が合わなかった足と全身のリズムがすっとよくなり、久々にタッタカと足を運べるようになってきた。

よし!

今日は31日に出場するためのゼッケンつきTシャツも取りに行き、上向き加減で本番に望めるような気がしてきた。伸ばしてがんばるぞ!
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/174-2f4abec1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。