漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧友との再会

予想以上に時間がかかった生活立ち上げ期間、あっという間の3ヶ月。「おお、久しぶり、近い打ち会おうな」と約束していた旧友たちともなかなか会うことができず、ここ2週間でようやく「久しぶり!」と硬い抱擁を交わすことができている。3週間後くらいには会おう、と言っていたのが3ヵ月後に実現。大人になると時間の束がでかくて困る。

さて、ほんの先ほど、留学時代の友人二人が我が家に来て抱擁、そして乾杯と嬉しい再開をした。留学時代は、ヘブライ語のクラスで出会った友人を介して本当に暖かないい仲間に出会えたのだが、今日はそのうちの二人。

一人はヘブライ語クラスで一緒だったフランス出身のアリエル。実際授業で一緒だったのは半年くらいで、その後一緒にいろいろと遊んだ仲間の一人でもあり、私にジャズ好き魂を分け、そして小曽根真を紹介してくれた人である。

もう一人はアリエルの元ルームメートで、サッカー大好き人間のアロン。サッカーが大好きで、自宅を日韓ワールドカップ観戦会場にした人であり、よく一緒にサッカーを見て、私に帰国の記念にと地元サッカーチームのキーホルダーをくれた人である。

そんな二人が遊びに来たのだが、旧い友人というのはたまらなくいいもんである。何かを勘ぐったり、余計なことを考えずにヘブライ語で話をするというのは、この空気にぴったり合っている。

学生時代は夜な夜な遊んだ三人も、今はしっかり仕事を抱えているので早めに切り上げたものの、この短い時間でも随分堪能した。仲間はいい。

5年半ぶりの時間は感じなかった、けどそれぞれやはり変化はあった。

アリエル、最近、安息日(金曜日夕方から土曜日)を守り始めたらしい。すなわち、安息をするだけにその時間を費やし、大半のイスラエルの人々のように車でどこかに出かけたり、友人と電話をしたりすることはしない、という生活をするということである。実は安息日だった昨日電話をした時に出なかったので、「もしや」とは言ったものの、本当にそうだったとは、かなりびっくりだったのだが、まあアリエルならそうした展開も分からなくもないな、と感じながらこの文章を書いている。

アロン、サッカーはもう見なくなたのだそうだ。いや、それはちょっと寂しい。4年に一度だといって授業そっちのけで観戦に没頭していた彼がサッカーを見ないとは。いや、こう書きながらも何とも寂しい展開である。

そういう私は、う~ん彼らにとって何か変わっていたんだろうか。

いずれにしても、5年ぶりの再会は短いながらもギュッとつまった、それでいてほんわかといい時間だった。再会は、これからしばらくの「よろしく」でもある、とにかく静かな夜であった。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/170-a08c9224
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。