漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私もおんなじがいい」

娘の海は日本を出る前から「自分がイスラエルに行く」、ということをしっかりと自覚していたが、お気に入りのおもちゃを「イスラエルに見せる」といったり、まあ「イスラエルとは何なのか」はよく分かっていなかった。

そんな海にとって唯一視覚的に明確なイスラエルはイスラエルの国旗だった。イスラエルを特集したNHKのあるテレビ番組を見たとき、番組冒頭に画面に現れた水色の星と二本の線を見た海は「あれなに?、星があった」と随分気に入った様子で言った。星やハートは4歳くらいの子ども達にとってはかわいいシンボルだ。「あれはね、イスラエルの旗なんだよ」と私が説明しても「旗って何?」とこれまた難問を振りかけて大変だったのだが、いずれにしても、その時から海にとっては国旗とイスラエルが一致していた。

さて、私たちがイスラエルに到着した時。娘の目の前に表れた国旗を見て「ねえ、あれ、イスラエルがある」「あ、あっちにも」「こっちにも」と少し興奮気味に目をキョロキョロさせた。空港を出て街中に入っても、ビルの頂上から地面にかけた巨大な国旗があったり、マンションの部屋にぶら下げた国旗があったり、ひっきりなしに表れる国旗。ちょうど60周年の独立記念を終えた後だった事もあり、国旗が多いのだ。六本木ヒルズ、新宿アルタなどあちこちに日の丸が掲げられたら、と想像するとゾクッとするがイスラエルでは国旗は右派を表わさない。まあ、その事についてはもっと時間をかけた説明が必要なのだが、とにかく娘にとっては不思議な光景だ。「ねえ、なんでたくさんあるの?」と不思議そうに質問してきた。「イスラエルにいるから」というのは大人への回答であって、子どもを納得させるような回答が見つからない。そもそも、彼女にとって国という概念はない。両親にとっては大きな宿題となった。

イスラエルに着いて数日も、海は目に入る国旗が気になったようだが、中でも車にも掲げられている国旗は気に入った。船長と散歩をしている時に「ねえ、こんど車買ったら、私もあのイスラエルの旗つけたい、おんなじがいい」と船長に言った。それだけは勘弁してくれよ~というのが親としての真っ正直な反応だが、ナショナリズム、国家、シンボル、そういうことを考えている私にとっては、わが娘の口から聞いた衝撃的な一言でもあった。
スポンサーサイト
COMMENT
祝!
無事にイスラエルに到着、なによりです。
カラッとした天気なんでしょうね。
東京は暑くなってきましたよ。
まだ湿度がそんなに高くないからいいんですが……。
それではまた!

レハイム!

COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/155-bd740ad7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。