漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国して新鮮に見えること:レジの女性

一週間とはいえしばらく別の国で仕事をしたり、食事をしたりしてから日本に戻って来ると、新鮮に見えることがいくつもある。街がきれいだ、路地裏でもきれいだ、ということはよく耳にするし確かにその通りだな、と思うのだが、それ以外にいつも「お!」と目に付くものがある。それはレジの女性。

立ってる、お~立ってるぞ!と思わず船長に声を発するほど、その姿は帰国直後の目にはかなり衝撃だ。イスラエル、というかそれ以外の国のスーパーでも結構買い物をしたことがあるが、レジの女性(どこでも女性が主流だな~)が立っているのを見たことはない。座って隣の女性とペチャクチャ、横を見ながら商品を読み取り機にかざして「ピ!」、「はい、123シケル」と隣の女性と話しながらペロンと手だけをこちらに向けて、お金だけを求めたその手に私が札をのせる。袋は自分で持っていきな、とは口で言わないものの、商品が流れてきてレシートとおつりが手に渡ったらそれで終わり、いや、どこからが始まりでどこで終わりなのかがよく分からなくてもレジを通過すれば買い物は成立している。

「いらっしゃいませ」両手をお腹の辺りに揃えて一礼、そこから私はお客様になる。目の前のレジの女性はお店の人になる。お客様は神様、熱烈歓迎、丁寧なお出迎え、いずれにしても気分はいい。「じゃがいもが1,2,3、3点でよろしかったでしょうか?」一目見れば三個以外には見えなくても万一のことがあるかもしれない、だからまずは丁寧に確認、「冷凍食品は半額させていただきます」「ピ!」「牛乳が一点」「ピ!」と一つ一つ確認しながら商品を読み取り機にかざし、「合計、1234円です。ポイントカードはお持ちでしょうか?」「いいえ」「失礼しました。冷凍食品のためにドライアイスはお使いになりますでしょうか?」「はい、お願いいたします」「それでは2000円お預かりいたします、766円のおつりです。ありがとうございました」とまた一礼されてお客様とお店の人の関係は終わる。今ではエコバックを持ち込んで「レジ袋は不要です」というカードを予めかごの中に入れておくと「ご協力ありがとうございます」と褒められるおまけもついている、そんなスーパーは世界でもかなり珍しいのではないかと思う。

私は旅行に出かけると寺院や観光地を見るよりも、日用品を買い物するスーパーへ足を運ぶのが好き。その地の自然体を目にできるのはスーパーであるし、生活を垣間見れるような楽しみがある。イスラエルで初めて目にして衝撃を受けたのは、商品として並んでいるジュースを手にしたと思ったらいきなりガバッとあけて飲みだして、レジでその飲み終わったパックを出して「これも入れておいてね」と差し出す"事後報告買い物"。私にとっては、レジを通過しない限り商品は店のもの、自分のものじゃない、というどうしようもない感覚的なものがあるので未だに真似ができないのだが、合理的でいいな、と羨ましく思うこともある。小さな子どもが「あれ飲みたい!」とダダをこねた時など、かなり有効な技だ。

レジの女性にかかわらず、日本では家を一歩出ると、バスの運転手、駅員、と全てが丁寧だなと思うのと同時に、そうした仕事中の人々がその役割を演じているようにも見える。レジの女性も家にいるときには全く違う姿、話し方をするんだろうし、制服に着替えてレジの空間に足を入れると、会社から求められた基準に従い、またお客様から求められる基準を想定してレジの女性に変身するんだ、きっと。

以前イスラエルの友人が「日本では電車の案内になると何であんな声なんだ?"新宿~新宿~"ありゃおかしいぜ。だけどさ、きっとあの電車の声の本人はあの声を楽しんでるんだ、自分の仕事はこの声なんだと思ってるんだよ。あれだけじゃない、タクシーの運転手は帽子かぶって手袋してるだろ、ああいう格好をして俺はタクシーの運転手なんだ、と楽しんでるんだ、きっと。」と"日本演劇舞台説"を主張したことがある。最近のことだが、近所のアパレルショップでは、休憩から戻った従業員が店舗に入る時に一礼しているのを見た。確かに、日本の社会って、日常はOFFであって仕事はON、それがかなり可視的に求められている空間で、"お客様"になることも許されている空間なのかもしれない。

こういうことはまたしばらくすれば慣れてしまって新鮮ではなくなるのだが、こういう日常的なことも久しぶりに見るとかなり衝撃で、日常とは決して当たり前や普遍的なんじゃないんだな、と改めて認識できる。今回のイスラエル、パレスチナの訪問で「結局はお互いは同じ人間なんだ、ということを理解することがまずは大きな一歩」という言葉をキーワードのようにどこでも耳にしたが、自分が当然だと思っていることは普遍的なわけじゃない、結構特殊なことなんだ、と思うことも案外他者に寛容になれることにつながるかもしれない、と思う。

PS:関東は雪ですね~、エルサレムとラマラも私達が離れた直後に雪が降ったようです
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/128-f42e527f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。