漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナ自治区を訪問(1)

無事に日本に戻ってきた。今回のイスラエル滞在は毎日仕事であり、日々を遠い視点から振り返ることができなかったのだが、こうしてのんびり過ごしながら、あの地でのできごとや感じたことをジワジワと思い返している。自分のこれまでの人生を振り返ると、私のこれまでの経験も案外このような時間差によるものがほとんどのようだ。

今回の滞在中で私にとって最大の経験はパレスチナ自治区に足を踏み入れたこと。1992年のクリスマスイブ以来となる16年ぶりのベツレヘム、そして初めてのラマラ。その当日は別に特別な気持ちはなく、引率していた一行が検問※1を無事に超えて時間通りに戻ってこれるだろうか(自治区から戻った後にもスケジュールが入っていたので)、という事務的な懸案で頭が一杯であった。ただ、イスラエル滞在一週間程の間に、車で30分の距離でありながら全く違う空間に足を踏み入れた時間は、今回の滞在をより立体的なものにしてくれたし、もはや特別な新しさを感じないイスラエル滞在の中で十分な新鮮さを与えてくれた。

ベツレヘムもラマラもそれぞれイスラエル国内に住んでイスラエルの市民権を持つアラブ系イスラエル人※2が運転するタクシーをアレンジした。パレスチナ自治区内の細かい道の運転は彼らに任せるしかないし、自治区内は看板も会話も全てアラビア語になるのでアラブ人運転手でないとどうしようもない、そもそもユダヤ人タクシーはだれも行きたがらない。自治区に行くためにはまずそんな足の確保が最も基本かつ重要な要素となる。

ベツレヘム。この訪問は予定していなかったのだが、当日あまりに天気がよかったために「イエスキリスト生誕の地に行ってみたい」という団長の一声で急遽決定した。添乗、ガイド、通訳の私は正直「え?」と躊躇した。私がイスラエルに留学していた1999年から2003年の間(具体的には2000年秋以降)はベツレヘム、というかそれまでの道中のベイト・ジャラはまさにドンパチの地で、ロケットが発射されて、それに応じて国防軍が攻撃するという映像をよく見ていた場所だっただけに足を踏み入れる場所ではなかった。現在はすっかり平穏となり紛争状態ではないことを十分理解しても、道中での検問があるためにいずれにしても「行くのが大変な場所」であろうという認識があったし、そちらのエルサレムの南の方向に日常のまま視線を向けることができなかった。

1992年はエルサレム南郊外のタルピヨットという街まで10分ほど路線バスに乗り、そこでイスラエル軍の治安検査がありベツレヘム行きのバスに乗り換えた、という記憶が残っているのだが、どんなバスに乗り換えてどこで降りたのか実はあまり記憶が鮮明ではない。1993年オスロ合意以前の当時はまだ自治区も成立せず、ベツレヘムはイスラエルの占領下だったので兵士の配置も現在とは全く違った、はずであるが、そのこともかなりぼんやりしたことしか覚えていない。その当時のことをきちんと記録しておけば自分にとっての貴重な資料となっていたかと思うと、「記憶より記録」なのだと改めて身をもって学ぶ。

2008年1月のベツレヘムへの道中は上記のタクシーで、乗り換えもなくスッと抜けていった。タルピヨットまでの道中の建設ラッシュ、新築マンション群からは1992年にはおそらくなかったであろう新しい臭いがプンプンしてくる。また、いわゆる分離「壁」がガ~ンと目の前に立ちはだかってくるのだが、これも新しい臭いを強烈に発している。1992年当時はおそらく目には見えず曖昧でしかなかった、「あちらとこちら」という境界線がこんなにも見える形で目の前に突きつけられると、それを受け入れる自分自身の器がないことにまず大きなショックを受けた。

タルピヨット辺りで車を乗り換えた、という1992年の曖昧な記憶とは反対に、今回目にしたあの境界線はおそらくこれからもはっきりと記憶し続けるだろう。一般市民の命を守るための正義、日常生活と経済活動を一方的に断絶することの不正義、という当事者の声に沿ったこの壁を巡る主張や議論とは別に、第三者としてこの「目に見える境界」をどう理解して受け入れるのか、というもっと単純でニュートラルな問いに対して冷静に思考することが求められていることを痛感しながら、その思考が進まないことのもどかしさが今でも残っている。

ベイトジャラはすっかり静かな村であり、北側の谷の向こうに見えるギロというかつて「交戦」していたイスラエル側の街も静かに見えた。その距離は、想像以上に近く、その小さな空間で飛び交った火のことは体験していないにもかかわらずすぐに頭の中で描くことができた。

私はこれまで何度もイスラエルに足を運びながら、よく言われる「紛争の地」というイメージを体感したことは一度もないし、「紛争の地」と一体となっている「危険な経験」も一度もない。ところが、そんな静かなベイトジャラを通りながら、かつてテレビの映像で見た暗闇に光るロケット砲と爆撃を思い返すことで、自分の身が「紛争の地」にあることを初めて実感した。その瞬間は平穏であって、危険や恐怖があったわけではないのだが、これまで感じたことのなかった「紛争の地」の自分を経験したのだった。

ベイトジャラを数分で抜けるとすぐにベツレヘムの街へ近づいた。建物が増えてくる、店もお土産やもどこもにぎやかだ。「かつてマリヤが歩いたとされる古い道だ」とタクシーの運ちゃんが「解説」する、肌色の石でできた建物に挟まれた車一台がやっと通れる狭い道は、「お!」と目を見張るほど美しく、マリヤが歩いたかどうかは別にして、時間が今だけではなく過去にまでグーンと広がるような魅力を発して思わずうっとりした。「きれいだ」と口にした瞬間、車の目の前には「生誕教会」が現れた。1992年の記憶よりも広場が広くなっているように感じた、のは全くの幻想のようだが、すばらしい青空と年月を重ねた石の教会が織り成すコントラストから気持ちのよい空気が一杯に感じられた。(続く)

※1イスラエルとパレスチナ自治区は双方によって合意された国境が確立していない。どこまでがイスラエルでどこまでがパレスチナ自治区なのか現在も交渉中でまだ決定していないため、現在はイスラエル当局による治安検査しか存在しない。イスラエルからパレスチナ自治区側に入るのはスルーでも、その逆となると厳しいチェックがある。現在パレスチナ人(イスラエル市民権なし)がパレスチナ自治区を出てイスラエルに入ることはできない。

※2彼らをパレスチナ人と呼ぶこともあるが、本人たちがパレスチナ人と自覚しているかどうかはかなり曖昧で、市民権上はイスラエル人。国家に対する権利義務という意味ではユダヤ人とも一応平等であるし、自治区のパレスチナ人とは区別したほうが適切だと私は認識しているので、この用語を用いる。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/125-ab10dcfb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。