漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル空港より

イスラエル、そしてパレスチナの一週間での訪問を終え、ベングリオン空港でパリ行きの飛行機を待つ。ここは無線LANが無料で使えるので便利べんり。メールチェック、そしてチョロリ漂流博士のアップデートができるのも嬉しい、ので少しだけ書く。

昨日は「遺族の会」というNPOを訪問したのだが、今回の訪問で最も印象に残る一言を聞いた。「遺族の会」はイスラエル、パレスチナ人双方が組織しているのだが、メンバーは親族を紛争で失った人々で、怒りや絶望を経験した人たちの気持ちをやわらげる活動をしている。

昨日はそのイスラエル、パレスチナ双方のメンバーと話しをしたのだが、ある一人のメンバーの一言が心に残った:

紛争による痛み、その背後にあるものを無視してはいけない。紛争による痛みを政治的、軍事的に言い訳に使われることがあるが、私達はその痛みを直視するよう努力している。

ここ数ヶ月は映画を通して、紛争によって見失われている他愛のない日常を見る視線の大切さを感じることが多かった。昨日のその言葉は、紛争によって見失われている個人個人の紛争の痛みを見ることの大切さ、という足元を見るもう一つの視線を学んだ。そのことだけでも今回の訪問は本当に意義があった。

もっと書きたいけど、今から搭乗です。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/124-302261f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。