漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親"である"とは?

父親の役割と意識について心理学的視点から卒業論文を書いている、という大学の後輩のインタビューを受ける。

大学時代、私は一学年8人、留学生を含めても全体で40人位の寮で人間関係の濃い~生活をした経験があるんだけど、一度も会ったことのないような後輩でも「寮の者です」と言われるとその濃さを共有している仲間と感じてしまう。そんな初対面の後輩と「父親とは」を語った。

インタビューの中で「父親であることをどう受け止めているか」について問われて、しばし返答に困った。そう問われると、娘と接する時に「父親である」という明らかな意識があるわけではないし、振り返っても「今日から父親だ」と運命的な転換を感じたこともない。授かったことが分かった瞬間も、娘が生まれたことが分かった瞬間も、緊張や喜び、感動、責任は感じても「俺は父親だ」という意識とは違う。

もしかしたら、娘が結婚する時に強烈に「親父なんだな~」と寂しさと共に感じるのかもしれない、とこれから20年以上も先(であることを望む)のことを勝手に想像したけど、彼の質問の意図とは違う。

私は父親である。保育園の書類や健康保険の書類など、行政上は自分の名前の横に父親と明記するし、その都度自分は娘にとって何なんだろうか?と悩むこともない。しかし、後輩が聞きたいのはそんな行政上での分類ではなく、役割や意識といった見えない関係性でのこと。と考えると、目まぐるしく展開する日々と生々しさを父親であるという狭い枠組みに押し込めることはできないよな~と返答できなくなる。

で、悩んだ末の後輩への返答:

「あまり自分が父親だという意識で娘と接していないのかも。三歳とはいえ家族三人が今や対等で日々向き合っているから、父親とか母親とかそういう前提で役割分担したこともないし、父親だからどうだとか、母親だからどうだとか、家族の中の関係性でそういう意識をすることもない。子どもはどんどん成長していくから、当然関係性というのは変わっているけど、それは自分の人生の幅が広くなるような、厚みが増すような感じであって、父親意識が高まったり、父親としての役割を果たさないと、という意識とは違う。だから、こういう関係性を「父親である」という一種外部から押し付けられたような表現では言い表せないんだよな~」

そう考えると、資格や行政上の分類が役割や意識と一致しているかのようについつい考えていることって多いな~と、後輩の卒論に協力して自分の研究についても考えさせられた。
スポンサーサイト
COMMENT
噂に上がっている後輩です、どうも。

メールに乗っていた、
アドレスからこちらに飛んできました。

そのような逡巡を与えていたとは、気づきませんでした。質問内容も練れていなかったですよね...

本から、また指導教員からも
"Becoming Father" と "Being Father"は違うのではないか?とか、父親で“ある”のではなく、“いる”のだ。という風に指摘を受けましたし。

少しずつ頭を整理しつつ、何とかいい卒論かこうと試みてます。それでは、機会があればそのうちにお会いしましょう。
おお!初のコメントですな。

そうです、"Being father"と"Becoming Father"ということの違い、それが私と鯛クンとの間にあったギャップでしょうね。

でも、この時期から調査をして質問事項が明確にある、ということは方向性が練れているのだと思うし、途中でそれがダメだと思っても、要所要所で練っていれば次につながるものだと思います、とちょっと先輩ぶってますが。

さて、このBeingとBecoming、これは、国民や民族と言う表現にもそのまま当てはめることができるんですよね。"国民である"と言っちゃうとものすごく排他的になる危険性がある、あくまでも"国民になれ!"という見えない力の中で「国民である」と錯覚している、そのことを最近の社会科学ではかなり指摘していて、私の関心もまさにそこにあります。

難しいのは、「錯覚なんだよ」と単純批判しても全く無意味だと言うこと。イスラエルへ移民するユダヤ人を見てみると「国民になりたい」という個人の意識があることも確かだからなんです。

話はつきませんが、卒論書く過程でもまた話をしましょう。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://hyoryudr.blog111.fc2.com/tb.php/12-c1468d21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。