漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やるだけやった(その2)

(「やるだけやった」(その1)の続きです)

気がつけば周りを走る人たちの数が随分減っている。時計は5分30秒台をキープしているのだが、後ろからも抜かれるし、前のランナーもドンドン遠くなるような、自分のペースが落ちているような感じだ。全体の流れがはやいのかもしれない。雲行きは怪しく、また降りそうだ。

それまで空っぽだった沿道も、21キロ地点には固まった50名くらいの応援がありひさしぶりに引き締まった感触で前を見直すと、船長がいる。作戦通りスペシャルドリンクを口にし、りんごとオレンジと黒砂糖と梅干を手にする。「いいペースだよ!」そう言ってもらってはじめていいペースなんだと自信が足に伝わる。僕も「いける」と応える。フルマラソンで梅干はいいと何度も聞いていたが口にしたのは初めて、確かに「ビシッ」とインパクトを与えて、その後「ジワジワ」と疲れていた体が力を取り戻していく、梅干に秘められた力を感じる。直後のラップは5分19秒、ちょっと上がりすぎだなと抑えるが、いい感じ、快調だ。

その後、30過ぎまでの間、唯一走ったことのない、つらつらと長い区間に入る。クロスカントリーのような軽いのぼりとくだりを二度ほど繰り返す狭いコースを数人が重なって走る。23、24と距離を刻みながら、さっきまで違和感程度だった左足が徐々に重くなり、はねる感覚を失い、「前へ」という気持ちと力がかみ合わなくなる。時計は5分29秒でも体調はそれ程快調でもなく、5分40秒を超えていないものの、もうそれ以上ペースが上がりそうもない体と照らし合わせると、徐々に残りが長いなと感じるようになる。

太陽が眩しくなり、ペースも一キロ5分50秒台に下がり始める。後方から二人の女性が「今どれくらい?」「30秒台かな、もしかしたら27秒台かも」「うっそ~」と元気そうに言葉を交わしながら抜いていく。二人の「ふくらはぎ」は確かに「5分30秒台!」というエネルギーに満ちていて、そのはじけるような動きを見て、初めて他のランナーの体調が羨ましいと感じると、自分のペースが上がらないことが気になり始める。

隣の男性ランナーが突然「俺、吐きたい」と口にして、仲間だろうか別の男性が「ここじゃない、まだ」と声をかける。僕も心の中で「ここじゃない」と繰り返すが、左側にぴたりと並んでいて、嫌だなと思うもののペースが上がらないし、これ以上落としたくないと思うと自然とぴたりと並んでしまう。すぐ後ろを走っている男性二人がずっとしゃべり続けていて、どうも気になって仕方なくなる。走っているのにベラベラとよくしゃべれるな、それにしてもうるさい。

28、29といつもの馴染みの練習コースに入っていくが相変わらず体の切れがない。30キロ地点ではじめて6分台を示す、船長が待っている31キロ地点での気分とエネルギーの挽回を期待しながら歩を進めるがドンドン重くなる。瞬間的に船長に「梅干だけ」と梅干の持つ力に頼る事にする。オレンジやりんごを噛むことでエネルギーを失いたくない、口に含むだけですぐに効果を発揮できるものがいい。梅干を手にして、船長に「きびしい~」と思わず発してしまう。去年はなんともなかった「こんなのありかよ」という急な角度の橋はまさに「ありかよ~」と叫びたい。梅干は酸味さえ残さず、そのまま疲労を打ち破ることなく無情にも消えていった。その後、32、33と一キロを刻む看板が見える感覚も長くなり、「二回目のフルマラソンは70%がゴールにたどり着けないんだって」と言っていたモティの声を思い出す。「コース見たか?32から37までの海沿いの区間がアップダウンもあってつらそうだよな」とも言っていた。その区間は昨年も35キロから37地点で、海の真横のコースを走るので僕は思わず「ブラボー!」と胸で叫んだ場所だ。「眺めがいいから乗り切れるさ」とモティを励ましたが、33から34、そして35と数字が増えるのだけを何とか確認するのが精一杯で、目の前の海を見る余力はなく、重いな、動かないな、と思いながら手と足を動かす。36キロ地点で水が足にかかり、そのしぶきが一瞬だけ足に元気を取り戻したけど、それも本当に一瞬で、37キロ辺りから突然ゴールが遠くなった。

視界が狭くなる。25キロ辺りで脱落したかに見えた男女もヒョイヒョイと復活している、35キロくらいまでは一緒だったポニーテールの40代くらいの女性は、あんなにきつそうだったのにもう前方遥か彼方に消えてしまった。そのうち、後方からマッチョイズムを声にしたような男性達の太い掛け声が近づいてくる。最後の5キロを過ぎたのだ、掛け声張り上げて一気にゴールまで行こうぜ!と心を一つにしたくなるのも分かる。だけど、もうそんな声を出す力も残っていないんだ俺には。と思うと、急にその声が嫌で仕方がなくなり、聞いているだけで苛立ってしょうがなくなる。その声はしばらくして収まると、「4:00」という看板を掲げた「ペースメーカー」とその周りを取り巻く多数の男性の固まりが、「ゴール一直線」というオーラを発しながら勢いよく抜いていく。4時間はもうだめなんだ、と思ってもどうしようもない。男達の固まりがいなくなると、今度は、右前方に、右足と右腕に刺青を入れた男性が目に入るようになった。その「刺青おとこ」も後ろから見て明らかに疲れきっている。なのに、その疲れ切った肌に刺青がピッタリとくっついて前後している。「なんでこんな時に刺青なんかしてるんだよ!」ともうその刺青が嫌で嫌で仕方なくなる。

行きの時には(往路8キロ地点だった)全く感じなかった短いトンネルの緩やかな坂が視界に入る。今の体ではとても坂など受け入れられない、手だけ動かそう。トンネルを越えたところでカメラを構えた「ねえ撮って!」のお姉さんの方から、ものすご~く申し訳なさそうに「がんばって、ください」と「か細い」日本語が聞こえる。そのか弱さが、僕の今の姿なんだなと何度も耳の中をこだまする。

前方には真っ青な地中海、だがそれさえも目に見えない。顔を上げる力もない。船長と最後は40キロかゴール地点と言っていたが、40キロを過ぎても姿が見えず。左右を探すエネルギーも、前に進むことにとっておかなければと前だけを見る。梅干でも口にしたら少しでも回復するかもしれないとささやかな希望があったけど、このまま最後まで行かなければならないんだ。ゴールは遥か遠くのままで、一向に近づいてくれない。下り坂のはずだけど何も変わらない。腕の力もなくなり、左手の時計がずしりと重くなり、外して船長に渡したいと思っても船長が待っているのはゴール地点。でも一度重いと思ったらドンドンと重くなり、耐えられなくなり時計を外して右手に持ち帰る。左手が宙に浮いているようだ。何のために手足を動かしているのか、いつになったら終わるのかも分からなくなり、空っぽの中をひたすら動かし続けるようになる。帽子も重いな。帽子も投げ捨て、右手の時計も、何もかも投げ捨てたくなる。

左右両側には10キロやハーフマラソンを走り終えた人たちが逆方向に歩いている。「よくやってるぞ」「あと少し」と耳に入るが、全く何も感じない。終わって羨ましいとも、さっきまでのイライラもない。前から照りつける太陽のまぶしい。

突然「博士!」と左側から声が聞こえてきた。海の友だちのお父さんのヨアブだ。横に駆け寄ってきて「一緒に走ったら少しは助けになるか」と声をかけてくれる。船長に会うまではまだまだ遠いと思っていたので、知っている人が突然目の前に現れたのは勇気になる。声は出ない。とっさに、外していた時計と帽子を渡し「これが助けになる」と何とか声を出す。「分かった、じゃあ日曜日、学校に持っていくから」と言うとヨアブは後ろに消えていった。

しばらく歩を進めると、また左側から「博士!」と声が聞こえる。シュロミだ。前日も電話で「お互いがんばろうぜ」と話したばかりの友人だ。彼は10キロ。「フルはすげーな」と言っていた彼にこんな姿を見せなければならないのが悔しく「今年はきつい!」とありったけの力で彼の耳に届ける。届いたかどうかは分からないまま、シュロミは後方に消えていく。

もうないと思っていた給水所が右側に見える。恵の水だ。ペットボトルを何とか手にする。でも飲む力がない。手を顔の上まで持ち上げて、顔を上に向ける力がないのだ。手をぬらし、その手で顔を一度ぬぐう、でも体は何も変わらない。もう動くはずのない体が動いている。何のためかも分からずに動いている。

42キロ地点の看板が目に入る。このまま直進するとハーフのゴール、フルマラソンのゴールは右側に折れていく。地中海に向かいそのまま真っ青な海の真横でゴール、何て素晴らしい演出なんだ、と気持ちいいフィニッシュのイメージを思い描いていたけど、もうそんなことはどうでもいい。変わらずに体を前に進ませる。

ゴールゲートの時計の「4時間05分」という数字が見えて、「去年よりも随分早いんだな」と少し嬉しくなったけど、ラストスパートも、去年のように両手を広げることもできずにとにかく動き続けていると、「博士、博士」と船長が左から手を握ってくれて、初めて「あ~終わったんだ」と分かって、そのまま芝の上で両手を広げて体を止めたら「動かさなくてもいい」という安堵感で一杯になった。

(その後30分間の事は後日)
気持ちが落ち着いて、「42.2キロ」証明シールを手にし、メダルを手にして、海がきれいだなと思いながら船長と一緒に歩いていたら、「あ~ゴールしたんだ。止まらずに走りきったんだ」と、空っぽで辛かった長かった時間を思い出し、そして、ゴールして船長と歩いていることの幸福感が足元から全身一杯に伝わってきて、大きな感激に包まれた。4時間は切れなかったけど、去年は味わえなかった大きな感激と、走りきってよかった、という喜びを走り終わって感じられたことがとてもとても嬉しかった。

つらかったけど、目標は達成できなかったけど、今年のマラソンは初めてのマラソンよりも忘れられない走りになった。止まらず、歩かず、やるだけやった、やるだけやれた!船長ありがとう!
スポンサーサイト

やるだけやった(その一)

(スタートからの時間軸に沿った改訂版その1)

とにかく完走!という初挑戦だった昨年と異なり、今年は4時間以内、いわゆるサブフォーという明確な目標を立て、船長のプログラムの下で練習を積んできた。とにかく長く走れる体を作ろう!と臨んだ昨年とは違い、ある程度のスピードを体に教え込む練習を導入するため時計と心拍計を身に付け、数字をにらみながら走り、そして記録を書き込むというデータ型へと大きく練習スタイルをシフトさせた。これまでは、自分の体と対話しながら走ってきたので、時計をつけて数字を見ながら走るというのは全く初めてだった。

11月20日に15キロ、2月20日にはハーフとそれぞれ大会にも出場し、週二日から三日の練習も予定通りにこなし、3週間前に30キロプラスを走って練習のピーク、その後徐々に距離を落としながら、体が走りたい!とウズウズするくらいまで疲れを取り去ることをイメージしながら調整。最後の一週間は、パスタとご飯を繰り返し、体内から42キロを走るのだという感触をよみがえらせていく。昨年のように体内や足に炭水化物が溜まっていく感じはないけれど、全身の疲れは取れていき、いつもの左側の足腰の「こり」もとれていい感じだ。「走れるだろうか」という一抹の不安を残した昨年と異なり、前日から随分と胸が高ぶり、楽しみでしかたなくなってきた。野球の試合の前日のように、これまでの練習の成果を発揮する時が目の前に迫ってきたことで、全身が緊張感と高揚感にジワジワ満たされる、あの感触だ。船長と共に、この感覚を味わえることがまずは幸せだと何度も口にする。そんな緊張感と高揚感を抱きながら、前日はまだ外が明るい夜7時過ぎに床に付いた。

午前3時5分に目を覚まし、きな粉にまぶしたもちを二個、ゴマをかけたご飯を二杯食べる。走っている最中に空腹になりエネルギー切れになるほど辛い事はないことを、3週間前の30キロ走で久しぶりに体験したので、食事は多めに取ろうと意識的に噛みながらしっかりと食べる。そして、溜まっていたメールに返信したり、ゼッケンをつけたりしながら徐々に体を覚まし、5時過ぎから最近お気に入りのAvishai Cohenの『Seven Seas』を聞きながらじっくりとストレッチをして心身ともに盛り上げていく。

今年はスタート地点が自宅から3キロ弱なので、スタート一時間前の朝5時半、船長の声援を受けて自宅を出る。いよいよだ。早朝独特の静かな路上を、走りたいという気持ちを抑えながら早足で歩く。同じようにスタート地点に向かう何人かのランナーを目にして、どんどんと気分が高まり、40キロ地点の看板を見て、およそ5時間後に訪れる自分の最後の走りをイメージする。着々と一歩ずつしっかり走っている。

昨年は直前の開催日変更で500名弱だったマラソン参加者は、今年は1300名と多く、スタート地点は随分と賑やかで、朝6時半とは思えないほどボルテージが高く、スタートの号砲を鳴らすテルアビブ市長も興奮気味に「元気ですか~」とまるで猪木、それに対してランナーが「オ~」と応えて益々ムードは高まり、体が「走りたい!」と思うと同時に一斉にスタートのラインを切った。

体調はいい。走り出しは早すぎず遅すぎずいいペースで体が動く。一キロは5分43秒、船長と5分45秒で入れればベスト、と言っていたので理想的な入り方だ。空気も気持ちがいい。緩やかな坂のアレンビー通りに入ると、一晩の仕事を終えて帰る若者がナチュラル・ハイの状態で大声出しながらカツカツと大勢で歩いている。その横をランナー達がが駆け抜けていく。早朝の新宿駅のようだ。朝まで飲んでた不健康そうな若者と、登山の格好をしたすがすがしい中年夫婦が乗り合わせる中央線の車両のようだ、懐かしい。コースは世界遺産「ホワイトシティ」へと向かっていく。三キロ先ユーターンから戻ってきた先頭集団が左手に見える、ケニアからの招待選手だろうか、3名が揃って走っている。その後ろから、薄いピンク色のオーソドックスなウェアに身を包んだ前かがみで走る中年の男性が近づいてくる、去年も走っていたあの彼だ!またこうして同じ舞台で走っているということが嬉しくなる。後ろから「彼はいつも走っている○△だ」という声が聞こえる、有名なんだな。建築中のテルアビブの文化村をユーターンするところで、カメラが付いたおもちゃのようなリモコンヘリコプターが頭上からランナーをとらえているのを見つけ、今年の大会が結構隅々まで行き届いていることを感じる。フルのほかに、4.2キロ、10キロ、20キロと合計約1万9千人がこの街を走るのだ。

あっさりとホワイトシティを抜けて6キロ過ぎから徐々に北上する。船長と海が待っている8キロ地点を目指して自然と足も軽くなる。写真サービス「ねえ撮って!」のお姉さんが僕にレンズを合わせる。「博士!!」と日本語で声をかけられ、思わず「ありがとう」と大声で応える。一度電話で知り合った日本滞在経験者のイスラエル人だ。覚えていてくれたんだ、嬉しいなと思っていると、左前方にチョコンと座った船長と海が目に入る。両手を上に広げ、左右に揺らし、それでも気がつかないので手をたたくと、船長が走って近寄ってきてくれる。前日の入念な作戦会議でお願いをしていたスペシャルドリンクを受け取り、さらにオレンジと黒砂糖を受け取る。その間、船長は数十メートル左横で伴走し、後方のランナーからは「すごいな!」とチームの連携振りを見た羨ましさと感嘆が混じった声が聞こえてくる。一人になって9キロ地点に向かうと、突然の雨!先ほどまで青空だったのに、体にポツポツと粒があたるようになり、それはやがて体を濡らす冷たい雨になった。数分で止んで日差しが出てきたものの、14キロ地点手前で再び急に雲が黒くなると、また雨粒が落ち始め、今度はかなり強い雨脚となって靴も濡らし、体を冷やした。今日は暑くなると思っていたので、意外なところで体が冷えたことと、体があったまったなと思うと冷えるという繰り返しで気を取られながら、一キロ5分30秒前半のペースで走る。足が自然に流れるなら無理に5分40秒に意識しすぎるよりも、5分30秒くらいでもいいなと思っていたので許容範囲だ。幹線道路をただひたすら14から15、15から16と数字を増やすためだけにヒタヒタと走る。距離の表示が2キロ毎のところもあり、ラップが何度かあいまいに表示されるのを気にしないようにしながら、船長が待つ第二のステーション21キロ地点に近づいていく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。