漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋のあっさり割引

昨日のニュースによれば、昨年の同じ時期の10月からの累積降水量が150ミリだったのに、今年は5ミリしか降っていないという深刻な水不足で、今年の雨季(イスラエルでは冬というけど、僕等からすれば、一年を通じて雨が降る可能性のある数ヶ月なので、雨季と言いたい)はこのまま水不足でしかも高温なのだという。

日本から戻ってきて3週間が経過するけど、目にした雨と言えば、ほんの一瞬「さらさら~」と降った程度で、気温も25度を越えている。朝晩は長袖でなければ寒いけど、日中は半袖短パンで充分という毎日なのだ。「冬はどこへ?」つまりは「雨は降らないのか?」という声がだんだんと真剣に心配する声に変わりつつある。

と、まだまだ夏ではあるけど、来週はテルアビブでピアノフェスティバル、その次の週はエルサレムで「中東のギター」ウード国際フェスティバルと「芸術の秋」満開というシーズンに突入した。

ピアノフェスティバルは毎年気になっているんだけど、知っている人がいないので今年もパス。ウードのほうは、アビシャイ・コーヘンの高校の同級生で、最近も一緒にツアーを回っているアモス・ホフマンというウード奏者(本当はギター奏者)の名前を見つけたので、よしっ!と行くことにする。ちなみに、アモスは、アバテ・ベリフン(Abate Berihun)というエチオピアから20年前に移住してきたサックス奏者で、「中東音楽とエチオピア音楽の出会い」と、おお~と魅力的な響きのテーマでライブをする。ベリフンは今年のレッドシーに出ていたけど、イスラエル人(エチオピア出身だけど、ユダヤ人なので移住してくると自動的にイスラエル人になるんです)だから、イスラエルで見れる機会を待とう!と思っていたのでチャンス到来で、もう一丁よしっ!

ウェブでチケットが見つからなかったので、新聞に出ていた電話番号へダイヤル。

「あの~ウードフェスティバルのチケットありますか?」
「え、、、っと(何かを見ている様子)あるよ。いつ?」
「24日」
「どっちよ、二つあるんだけど。中東エチオピア、、、」
「そっちです。」
「何枚?」
「一枚です」
「フ~(いきなりため息)、80シェケル(1800円くらい)」
「あの~The Cardを持っていれば割引って書いてあったんですが。」
「クチャクチャ(ガムをかんでいる様子)、えっと、じゃあ64にしてあげる」
「(カードの番号も確認しなくていいのかと内心思いつつ)ありがとうございます!」

とあっさりと64シェケルに割引になった。チケットは当日窓口でクレジットカードとIDを見せて受け取るという仕組み。これまでも同様に電話でクレジットカードで購入したライブチケットは同じ仕組みで、この時点でチケットを取ったという証拠は何も残らない。これだけ証拠として「書いたもの」が重要視される土地で、当日の当日まで手元に何もないというのは最初のうちものすごく不安だったけど、今ではすっかり慣れた。ちなみに、「The Card」を持ってきてね、とは言っていなかったので、この割引金額はもう確定なのだ!

さて、イスラエルの名俳優で「迷子~」の隊長役を務めたサッソン・ガバイ氏は本当に売れっ子で、舞台を中心に活躍しているんだけど「売り切れ」が多くてなかなかチャンスが訪れない。一度ガバイ氏本人の招待で見た「レインマン」が最後、もう一年半前のことだ。船長と「サッソンさんにも会いたいね~」と言っていたら、ちょうど「15日アンコール公演!」という記事を見つけたので、早速電話をする。

「あの~まだありますか?」
「あるわよ。何枚?」
「一枚です」
「あなた割引の対象?」
「え?」
「学生か兵士か、まあないと思うけど年金生活者?」
「いやどれでもないです」
「あら、そう。でも50%割引してあげる?」
「・・・(驚いて声が出ない)」
「200シェケルのところ100シェケルだけでいいから。クレジットカード番号は?」
と、またまたあっさりと、半額で購入してしまった!値下げには結構な体力を必要とするこの社会で(体力を使えば値下げできるというのもすごいのだが)、昨日と今日は、あまりにスムースに割引が成立した。

ここで生活するときに自分に言い聞かせていることの一つに、「本当に手にするまで、本当に実現するまで」油断しないことというのがある。久々に雨が降ったら雨漏りしてしまって舞台がびしょぬれで、ということだって、全くないわけではない。そういう非常事態にも、何とかかんとかで乗り越えるんだろうけど、とにかく、どんな舞台と音楽になるのか、今からいろいろな意味でちょっとドキドキである。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。