漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地中海と夕日

刺青エッセーを書いた大手日刊紙の編集長より「週末家に来ないか」と連絡を受けたので、テルアビブから北に向けて30分ほど車を走らせた。金曜日、それも午後になると完全にお休みモードなのでいつもプップカ、セカセカの道路も快適な空間が続く。

テルアビブ市内を過ぎると空き地とベッドタウンとが交互にやってきて、最も海よりを南北を走る道路が本当にもうこれ以上海に近づけないというくらいの場所に差し掛かったところで、フリーハイウェイを降り西へ。目の前は海一面。テルアビブ市内の海はテトラポットがあって、完全に視界が開けるという場所が限られているけど、今日目にしたそれは正真正銘の海一面。

編集長の家、と言っても「週末だけなんだ」という言わば別荘のようなものだけど、芝がきれいで、窓からはまるで飾った絵のように海が広がっていて本当にきれいできれいですっかりと羽を伸ばした。
彼とは僕が日本にいた時に何度かテレビの仕事をしたのだけど、のんびりと話したことは実はあまりなかったので、芝に寝転んでレモネード飲みながらのんびり話すなんて今回が初めて。我が家の海も家に入るなり、広い庭と目の前の海に興奮したのか大はしゃぎで時間がたつのを忘れた。

夕陽の時間となり、散歩して海に近づくと、ちょっとスノッブな雰囲気のテルアビブとは違った、庶民的な海の光景がそこにあり、そこでものんびりした。
「ここだとアジア人ってやっぱり珍しいんだと思う。テルアビブではそんなことないけど、今日は8割方私をジロジロ見ていた」と船長、車で30分とは言え、それくらい大きな違いがあった。

夕陽は絶景!
Image005.jpg

最近のイスラエル社会について編集長との話も盛り上がる!「おそらく、普通の国だったら、新聞記者は、あ~これ書いたら批判を浴びるかも、とびくびくすると思うけど、ここイスラエルは全く逆だね。例えば、英語教育の開始年齢は早いがいいか遅いがいいかという議論があった場合、担当大臣は、子どもの将来を考えるのでも、親の目を気にするのでもなく、どっちの方がメディアの反発が小さいのかによて決める、と言ってもまあ過言ではないな。メディアの方が強いんだ。最近の首相は過去数代、みんなメディアによって辞任を余儀なくされているし、ここは書く者が怖がらないんだ、自由なんだ」
Image015.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。