漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィールド・オブ・ドリームス

イスラエルで野球?ソフトボール?
イスラエルの人気スポーツを知る人はまず信じられない、僕もそうだった。
スポーツ紙を独占するのはサッカーとバスケで、テレビ中継のスポーツもサッカーとバスケ。グローブもバットを売っているスポーツ店など見たことがない。

留学してたころ、NY出身の友人ダニ(カメラマンとしての作品はこちら)が「TSUYOSHI SHINJOは日本でも人気あるのか?」とふとしたことから話題が野球になって、「なんでその名前を?」「俺は子どもの頃からメッツのファンだから」とあれよあれよと、「ソフトボールのリーグがあって俺もやっているけど、一緒にやるか?」と、ダニと一緒にプレーしたことがあった。

35を過ぎて、年齢と体力を考えると、もう一度野球やるなら今のうちだな、と思うようになり、今シーズンから再びダニと同じチームで白球を追うことにした。
プレーボールは夜9時、一週間に一度、仕事が終わってからユニフォームに着替えて球場に向かう気分は何とも言えない。

球場に入りボールを握ると気分は高校生なのだが、気分と体力の距離がまだ遠い、ものの、これまで二試合を終えて随分と戻してきた、と少なくとも自分ではいい感触を得ている。

何より、生活の中に野球があるということは僕にとっては自然であり、生活そのものがグッと熱くなるのがたまらなくていい。青春、と言えばちょっとクサイけど、投げて、走って、打って、ヨッシャ!と握りこぶしをつくり、アチャー、、、と天を仰ぎながら、もう味わえないかもしれないと思っていた湧き上がるような感覚を全身で感じることは最高だ。

そして、イスラエルで白球を追うことの楽しみはその球場。今プレーしているのは二つの球場なのだが、どちらも球児魂をくすぐる。下は7年前の留学時代の写真だけど、今も走り回っている球場は同じ。ここでのナイターは、まさに『Field of Dreams』そのもの!(懐かしの劇場予告)

104-0449_STA.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。