漂流博士

仕事は仕事、人生は違うところにある。

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士って頭脳?

以下、昨年7月にアップしていたものですが、このエントリーに迷惑広告コメントが多数入るようになっていたので、掲載場所を変更させていただきます。
-------------------------------

漂流博士の船出とタイミングよく、NHKクローズアップ現代『にっぽんの頭脳はいかせるのか-苦悩する博士たち-』(7月3日放送)を見た。90年代に国がドクター二倍計画を立てたが、大学のポストは増えないために職につけない博士があふれている、その現状を探るというもの。

私はまさにその博士課程促進の流れを受け、1998年に修士課程から博士課程へ入学金免除でほぼエスカレーター式に進んだ生き証人。前年入学していれば30万円近い入学金の納付が必要だったので、免除は幸運だと思ったことをよく覚えている。

博士号取得を促進して日本の博士が二倍になっても、就職ポストが二倍になるはずもない、が常識的な理解だったこともよく覚えている。少なくとも私のような文系の学生は「博士になったところでつぶしがきかなくなるだけ」「博士号っていうのは足のうらに付いたご飯粒みたいなもんだ。取ろうと思っても取れないのに、取ったところで食えない」と言ったものだ。

番組ではもっぽら理系の学生を取り上げていたので、現状や受け止め方が違ったのかもしれないが、文系の私には就職が厳しいことは承知の上で博士号を取得する、のが現状だと思うのでどうも番組はしっくりこなかった。

そもそも

「博士は日本の頭脳、、、なのか?」

「末は博士か大臣か」と言われたように、確かにかつて博士は研究者の頂点だった。博識、博学、何でも知っている極めた人が博士だった。しかし、90年代以降博士は大学の研究者採用の資格になり、研究者になるためのスタート地点に立つ条件でしかなくなった。

日本ではかつて博士号のあるなしに関係なく大学教授になれた。私の修士課程の指導教官も日本民俗学では大御所でありながら、博士ではない。私のように業績もまだ少ないペーペーが博士で、その私を厳しく指導した大御所が博士ではないのだ。

博士は有資格者

この理解は現状として間違っていないと思う。こうした制度として博士号取得を促進する流れは、研究論文を書いていないのに教授になれてしまったり、一度常勤に就いてしまえば大した研究をしなくても知らぬ間に教授になれる従来の高等教育の教職員制度改革に向けて私は賛成である。

博士になってどうするのか、それは博士号取得する以前の学生時代からの課題であって、博士になった後に突然直面するものではない。

スタートでしかない博士という称号を、どのように活かして進んでいくのか。私と同世代の博士達が乗り切っていかなければならないのは、むしろそうした工夫と持久力ではないだろうか。私は当面、大学や研究機関の常勤職に限らず、アカデミックと社会、アカデミックとジャーナリズムといったオープンな関係の構築を目指したいと思う。

博士になりなさい!と国家に命令されたのではなく、研究者になりたい、そのために博士になるしかない、と個人の意志で博士になっていることを忘れてはならないと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。